コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒慄 カンリツ

デジタル大辞泉の解説

かん‐りつ【寒慄】

[名](スル)ふるえおののくこと。ぞっとすること。
「彼は眦(まなじり)を决(さ)きて―せり」〈紅葉金色夜叉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんりつ【寒慄】

寒さのために鳥肌が立つこと。また、恐ろしさに、ぞっとすること。 「身うちには怪しき-を覚えた/帰去来 独歩

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

寒慄の関連キーワード帰去来鳥肌