帰去来(読み)キキョライ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (陶淵明の「帰去来辞」の「帰去来兮、田園将蕪、胡不帰」による語。「去」「来」は助辞。「かえりなんいざ」と訓じ、「さあ帰ろう」と自らを促す意) 官職を辞し、郷里に帰るためにその地を去ること。また、それを望む心境。きこらい。
※凌雲集(814)詠史〈坂上今継〉「始覚幽栖好、長歌帰去来
※俳諧・蕪村句集(1784)夏「川狩や帰去来といふ声す也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰去来の関連情報