寒雁(読み)かんがん

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐がん【寒雁】

〘名〙 冬のかり。《季・冬》
※経国集(827)一〇・奉和関山月〈有智子内親王〉「寒雁晴空断。狐猿暁峡鳴」 〔楊師道‐隴頭水詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android