コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カン

デジタル大辞泉の解説

かん【寒】

寒いこと。冬の寒さ。「海辺にを避ける」⇔
二十四節気小寒大寒の時期。暦の上で寒の入りから立春までの間。1月6日ごろから2月4日ごろまでの約30日間。「が明ける」 冬》

かん【寒】[漢字項目]

[音]カン(漢) [訓]さむい
学習漢字]3年
さむい。さむさ。「寒気寒暑寒風寒冷悪寒(おかん)厳寒向寒春寒避寒防寒
さびしい。貧しい。「寒村貧寒
身震いする。ぞっとする。「寒心
一年のうち最も寒い時期の呼び名。「寒中小寒大寒
さむい時期の。冬の。「寒鴉(かんあ)寒菊
[名のり]さむ・ふゆ

さぶ【寒】

《形容詞「さぶい」の語幹》寒いこと。感動表現に用いる。「おお、

さむ【寒】

寒いこと。「おお、こ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

寒【かん】

節気小寒大寒を合わせた期間。冬至後15日目に始まり(寒の入り,太陽暦で1月6日ごろ),前半が小寒,後半が大寒で,立春の前日(節分)で終わる(寒明け)約1ヵ月間。
→関連項目寒参り

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


かん

暦のうえでは二十四節気のうち、小寒(1月6日~20日)と大寒(1月21日~2月4日)のそれぞれ15日ずつをあわせた30日間をいう。
 気象学上、気温の低極が現れるのはほぼ寒の期間にあたっており、寒は季節の一つの極相とみることができる。この期間は旧暦ではほぼ年初にあたり、古来の俗信として、年初にあたる寒の天候をみて、その年1年間の天候を占うようなことも行われてきた。すなわち、寒の30日を2.5日ずつの12に配分し、そのおのおのの期間が、後の各月の天候に対応するものとして天候が占われてきた。これを「寒試し」という。この期間は冬至を過ぎているので、日中の時間は緩やかではあるが、しだいに延びていく一陽来復の期間でもある。この期間が終わり2月5日ごろの立春になることを「寒が明ける」という。年によっては寒の期間が暖冬になることがあるが、このような年は、気温の低極が寒を過ぎてからの2月に現れることが少なくない。[根本順吉]

寒の戻り

冬から春にかけての季節の推移を調べてみると、しだいに温暖になるのではなく、一進一退の寒暖の天候を繰り返しながら春になっていく。春先に一時、冬に戻ったような日が現れることがあるが、これを「寒の戻り」という。「寒の戻り」は毎年、不規則に現れる場合と、統計的におこりやすい日がほぼ決まっている場合(特異日という)とがあり、後者の例としては4月6日前後および4月23日ごろがあげられる。
 寒の戻りの現れたときの天気図を調べてみると、それは、大陸方面から乾いた寒冷な気団が移動性高気圧となって東進してくる場合である。逆にこのような気圧配置から「寒の戻り」を予想することができる。[根本順吉]

寒の土用波

暦のうえの土用は1年中に4回あるが、そのうちの一つ、寒の土用は立春前の19日間、すなわち1月17日~2月4日までをいう。このころに非常に高い波が海岸に押し寄せることがあり、これを「寒の土用波」という。これは、冬季日本付近で発達した温帯低気圧によるものである。台風による土用波が台風来襲前に到来して台風の前兆になるのに対し、「寒の土用波」は低気圧が通過後に激しくなることが多く、その後の持続性も台風よりは長い。低気圧の進行速度と波速がほぼ一致するような場合は、次々に低気圧によってつくりだされる波が重なり、非常に高い土用波となることがある。
 寒は俳諧(はいかい)では冬の季語で、次のような用語がある。寒の入り、寒の内、小寒、大寒、寒雨、寒固(かんがため)、寒の水、寒雷、寒見舞、寒紅、寒詣(かんもうで)、寒念仏、寒餅(かんもち)、寒造(かんづくり)、寒垢離(かんごり)、寒卵(かんたまご)、寒稽古(かんげいこ)など。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

寒の関連キーワード暖寒候期予報歳寒の三友寒締め栽培寒流性魚類寒の戻り根本順吉寒に入る寒さ凌ぎ寒山拾得震え上るうそ寒寒入り冬将軍縮かむもち粉穴施行寒がり拾得寒ら峭寒

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寒の関連情報