コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有智子内親王 ウチコナイシンノウ

7件 の用語解説(有智子内親王の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うちこ‐ないしんのう〔‐ナイシンワウ〕【有智子内親王】

[807~847]平安初期の女流漢詩人。嵯峨(さが)天皇の皇女。初代の賀茂斎院となった。その詩は「経国集」に採録。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

有智子内親王【うちこないしんのう】

平安前期の女流漢詩人。〈うちしないしんのう〉とも。嵯峨天皇の皇女。幼くして賀茂の最初の斎院となり,斎院をやめたあとは嵯峨の山荘で過ごした。823年2月,嵯峨天皇が斎院の行幸の折に花の宴を催し,従者に〈春日の山荘〉という題で詩を作らせたところ内親王の詩が優れていたので,三品を賜った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有智子内親王 うちこないしんのう

807-847 平安時代前期,嵯峨(さが)天皇の皇女。
大同(だいどう)2年生まれ。母は交野(かたのの)女王。弘仁(こうにん)元年初代の賀茂斎院となる。漢詩文にすぐれ,14年斎院の花宴のときつくった詩が父天皇に賞賛され,三品(さんぼん),封100戸をさずけられた。承和(じょうわ)14年10月26日死去。41歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

有智子内親王

没年:承和14.10.26(847.12.7)
生年:大同2(807)
初代の賀茂斎王(斎院)。平安時代の漢詩人。二品。嵯峨天皇と宮人交野女王の皇女。弘仁1(810)年,4歳で嵯峨天皇の創始した賀茂社の斎王となり,洛北紫野にあった斎院で神に仕える日々を送った。早くから詩文に長じ,弘仁14(823)年春,斎院での花宴に訪れた天皇に七言律詩を献じて感嘆させ,「文人を召す料」,すなわち詩会などを催すための費用として封100戸を与えられている。こうしたことが先蹤となり,都に近いこととあいまって斎院に文学サロンが生まれたことに留意したい。天長8(831)年病によって斎院を退き,晩年は嵯峨西荘に閑居した。『続日本後紀』『経国集』に詩を収める。その墓と伝えるものが嵯峨の落柿舎の西にあり,俗に姫明神と称される。

(村井康彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うちこないしんのう【有智子内親王】

807‐847(大同2‐承和14)
嵯峨天皇の皇女で,女流詩人。4歳で賀茂斎院となり,斎院生活の日々を,《史記》や《漢書》の中国古典に親しみ詩作にいそしんだ。その若き日の漢詩作品が《経国集》に8首,《雑言奉和》に1首,《続日本後紀》に1首みえるが,多くは応製奉和の作。823年(弘仁14)17歳の時,斎院花宴行幸があり,春日山荘の七律に〈林に栖(す)む孤鳥も春の沢(うつくしび)を識(し)り,澗(たに)に隠るる寒花も日の光に見(あらわ)るる〉と詠み,父帝より嘆賞の七絶を賜り三品に叙せられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うちこないしんのう【有智子内親王】

807~847) 平安時代の漢詩人。嵯峨さが天皇の皇女。最初の賀茂斎院。詩文をよくし、「本朝女中無双之秀才」といわれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有智子内親王
うちこないしんのう
(807―847)

平安前期の漢詩人。嵯峨(さが)天皇の皇女。広く漢籍に通じ、詩や文章に長じていた。若くして賀茂斎院にたったが、823年(弘仁14)に天皇の行幸があり、斎院で花宴が催された。このおり七言律詩をつくって天皇を感心させ、その功績によって三品(さんぼん)を授けられた。833年(天長10)二品に叙せられ、晩年は嵯峨の地に過ごした。作品は『経国(けいこく)集』や『雑言奉和』に残っているが、表現はむだな修辞を排して直截(ちょくせつ)で、素材の面などに嵯峨天皇の影響がうかがえる。[金原 理]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の有智子内親王の言及

【斎院】より

…伊勢神宮の斎宮にならって設置された。平安時代の嵯峨天皇皇女,有智子(うちこ)内親王に始まり,鎌倉初期の後鳥羽天皇皇女の礼子内親王に至り,その後は廃絶した。卜定によって斎院となった女性は宮城内に設けられた初斎院での3年間の潔斎を経て斎院(場所としての)に移る。…

※「有智子内親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

有智子内親王の関連キーワード斎院斎王怡子内親王春日局(2)官子内親王慧子内親王斎院中将斉子女王穆子内親王僐子内親王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone