寛政の三忠臣(読み)カンセイノサンチュウシン

大辞林 第三版の解説

かんせいのさんちゅうしん【寛政の三忠臣】

寛政期、幕府要路の三人。老中松平定信・若年寄本多忠籌ただかず・御側御用取次加納久周ひさちか

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんせい【寛政】 の 三忠臣(さんちゅうしん)

寛政の改革にあたった老中松平定信、若年寄本多忠籌(ただかず)、御側御用取次加納久周(ひさちか)の三人の称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android