コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寝忘れる ネワスレル

デジタル大辞泉の解説

ね‐わす・れる【寝忘れる】

[動ラ下一][文]ねわす・る[ラ下二]
眠りこんで物事をし忘れる。
「必ず灯を消して寝るのである…。―・れたのであろう」〈紅葉多情多恨
寝過ごす」に同じ。
「―・れた野寺の門や雉(きじ)の声/嘯山」〈俳諧新選〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねわすれる【寝忘れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 ねわす・る
ねすごす。 「今朝もつい-・れて失礼しました/門 漱石」 「 - ・れぬ様に致うと存る/狂言・鶏流 虎寛本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寝忘れるの関連キーワード漱石

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android