コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺家宰相 てらや さいしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺家宰相 てらや-さいしょう

?-? 江戸時代前期の梶井(三千院)門跡(もんぜき)の坊官。
寛文2年(1662),前年炎上した御所が落成し,門跡の慈胤(じいん)入道親王が導師となって安鎮法をおこなっていた際,近くから出火して騒然となる。そのとき門跡のうしろで「火がもしここまでおよべば,身を火中に投じて安鎮の法をためさん」とうごかなかったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寺家宰相の関連キーワード三千院梶井坊官

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android