コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三千院 さんぜんいん

7件 の用語解説(三千院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三千院
さんぜんいん

京都府京都市左京区大原にある天台宗門跡寺院。初め最澄比叡山東塔に三千院円融房を建てたと伝えるが,のち東坂本梶井里に移り,さらに明治維新後当地に移った。本尊の『阿弥陀三尊』の脇侍『勢至菩薩像』は,来迎形式の彫刻として最古の仏像。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんぜん‐いん〔‐ヰン〕【三千院】

京都市左京区にある天台宗の寺。天台宗五門跡の一。山号は魚山。開創は延暦年間(782~806)、最澄比叡山東塔南谷に建立した円融房に始まる。大治5年(1130)堀河天皇の皇子最雲法親王が入寺して以来、宮門跡。応仁の乱後、現在地に移転した。本堂の往生極楽院は久安4年(1148)の建立。梨本坊。梶井門跡。円融院。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三千院【さんぜんいん】

京都市左京区大原にある天台宗の門跡寺院。円融院ともいう。本尊阿弥陀如来。梶井門跡・梨本坊とも称された。三千院としたのは明治初年より。788年比叡山に建てた一宇が起源とも,1086年近江(おうみ)国東坂本梶井里に建立された円徳院がその初めともいう。
→関連項目阿弥陀堂大原京都[市]左京[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

三千院

京都府京都市左京区にある寺院。延暦年間(782~806)の創建とされる。宗派は天台宗、本尊は阿弥陀如来、薬師如来

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんぜんいん【三千院】

京都市左京区大原にある天台宗の寺。青蓮院妙法院とともに天台宗三門跡の一つ。もと円徳院,円融院,梶井門跡(かじいもんぜき),梨本坊(なしもとぼう)ともいい,三千院の呼称は1871年(明治4)以後である。本尊阿弥陀如来。寺伝では,788年(延暦7)最澄が叡山東塔に建てた一堂が起源という。寺地は山上,近江坂本,洛北船岡山などを転々して,応仁の乱後に現在地に移った。平安後期から幕末まで歴代門跡は皇族がなり,天台の声明音律のことを管轄し(声明),また比叡山上の根本中堂,法華堂,常行堂を管領した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんぜんいん【三千院】

京都市左京区大原にある天台宗の寺。山号、魚山。延暦年間(782~806)に最澄が比叡山に建立したのに始まり、数度移転したのち、応仁の乱後現在地に移った。堀河天皇皇子最雲法親王が第一三世住持として入山して以来皇族が住持となる。天台声明の総本拠。梶井門跡。梨本坊。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三千院
さんぜんいん

京都市左京区大原来迎院(らいごういん)町にある天台宗の寺。山号は魚山(ぎょさん)。本尊は薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)。もと円融院(えんゆういん)(円融房)または円徳院といった。梨本房(なしもとぼう)、梶井門跡(かじいもんぜき)とも称し、妙法院(みょうほういん)、青蓮院(しょうれんいん)、毘沙門堂(びしゃもんどう)、曼殊院(まんしゅいん)とともに天台宗五門跡の一つ。788年(延暦7)伝教大師最澄が比叡山(ひえいざん)根本中堂を創建したとき、東塔南谷の梨(なし)の大木の下に仮堂をつくったのが始まりと伝える。860年(貞観2)承雲(じょううん)が堂塔を整備して梨本門流の一寺となる。1086年(応徳3)には山麓(さんろく)の東坂本梶井里(かじいのさと)(現大津市)に御願寺(ごがんじ)円徳院が設けられて、東塔の本坊円融坊に対する里坊(さとぼう)とされた。堀河(ほりかわ)天皇の第2皇子最雲(さいうん)法親王が皇族入寺の初めで、1130年(大治5)第14世となり梶井の宮と称した。その後、承任(じょうにん)(18世)、尊快(そんかい)(20世)、尊覚(そんかく)(21世)、最仁(さいにん)(22世)らの法親王の入寺が続き、門跡寺院となった。1156年(保元1)大原寺(だいげんじ)(大原の来迎院、勝村院などの総称)を管轄することになり、魚山(ぎょさん)の声明(しょうみょう)を統管し、現在の地大原に政所(まんどころ)を設置した。鎌倉時代、里坊は東坂本から京都に移され転々としたが、応仁(おうにん)の乱で船岡山(ふなおかやま)にあった堂舎が焼失したのち、大原に移った。徳川綱吉(つなよし)は寺領1064石を寄せ、現上京(かみぎょう)区梶井に里坊をつくった。明治維新後、大原政所が本殿と定められ、寺号も三千院となった。
 本堂の往生極楽院(おうじょうごくらくいん)(国重要文化財)は1148年(久安4)真如房(しんにょぼう)尼(藤原実衡(さねひら)の妻)の建立した常行三昧(さんまい)堂で、堂内に安置する阿弥陀(あみだ)三尊(国重要文化財)、脇侍(わきじ)の観音(かんのん)・勢至菩薩(せいしぼさつ)の跪坐(きざ)する姿は来迎のようすを表したものとして著名である。ほかに不動明王像、救世(ぐぜ)観音半跏(はんか)像、慈覚大師伝、四天王縁起(えんぎ)残巻、古文孝経、性空上人(しょうくうしょうにん)伝記遺続集、帝王系図(以上国重要文化財)などを蔵する。境内には聚碧(しゅうへき)園と有清(ゆうせい)園の二つの名園がある。[田村晃祐]
『『古寺巡礼 京都17 三千院』(1977・淡交社) ▽三山進著『三千院』(1970・中央公論美術出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三千院の関連キーワード来迎院京都府京都市左京区大原井出町京都府京都市左京区大原上野町京都府京都市左京区大原尾越町京都府京都市左京区大原草生町京都府京都市左京区大原勝林院町京都府京都市左京区大原戸寺町京都府京都市左京区大原野村町京都府京都市左京区大原百井町京都府京都市左京区大原来迎院町

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三千院の関連情報