コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対数スパイラル たいすうスパイラルlogarithmic spiral

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対数スパイラル
たいすうスパイラル
logarithmic spiral

対数螺線,対数渦線,等角螺線,等角渦線などともいう。平面上の定点O から出るすべての半直線を定角 で切る曲線で,O を極 (原点) とする極座標 (r,θ) に関する方程式は rkecθ ( ) で与えられる。超越曲線の一つで,R.デカルトによって初めて研究された (1638) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

対数スパイラルの関連キーワード超越曲線対数螺線方程式極座標

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android