コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対流層 タイリュウソウ

1件 の用語解説(対流層の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいりゅう‐そう〔タイリウ‐〕【対流層】

天体の中で対流が起きている部分。地球の場合、大気循環が生じる大気圏や地質学的な時間尺度で粘性流体とみなされる地球内部のマントルに相当する。太陽などの恒星の場合、エネルギーが放射ではなく主に対流により運ばれる領域を指す。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の対流層の言及

【太陽】より

…太陽はやがて光を失った小さな天体となってその生涯を閉じるであろう。
[対流層]
 太陽の内部のうち,半径を単位として1/4より内部は原子炉である。そこから外へ向かって7/10に至る層は安定で,エネルギーは放射の形でゆっくりと外へにじみ出していく。…

※「対流層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

対流層の関連情報