コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粘性流体 ねんせいりゅうたいviscous fluid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粘性流体
ねんせいりゅうたい
viscous fluid

粘性を考慮して流体を取扱うとき,これを粘性流体という。粘性流体においては,流体内に任意の面を考えるとき,面に対して垂直な方向の圧力のほかに,面に平行な方向に粘性力が働く。特に,単位面積あたりの粘性力が速度勾配に比例するとき,そのような流体をニュートン流体,比例定数を粘性率という。普通,粘性流体とはニュートン流体を意味する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねんせいりゅうたい【粘性流体】

粘性をもつ流体。流体力学で、流体の粘性を考慮に入れなければならないとき、その対象を特に粘性流体と呼ぶ。 → 完全流体

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の粘性流体の言及

【粘性】より

…これは回転速度の異なる水の部分どうしが,粘性によって互いに速度を一様にしようとする向きに力を及ぼすためである。粘性を有する流体を粘性流体viscous fluid,粘性をもたない流体を完全流体というが,実在の流体は超流動状態の液体ヘリウムを除けば,多かれ少なかれ粘性をもっている。 図に示したように粘性をもつ流体を2枚の平板の間にはさみ,上の平板を一定の速度で右のほうへ移動させると,速度こう配をもった流れが生ずる。…

【流体】より

… 静止している流体中では,その中にとった面を通して両側の流体が及ぼし合う力は面に垂直に押し合う圧力であるが,運動している流体では変形(ひずみ)速度にさからう粘性による力(粘性応力)が現れる。粘性の影響が小さい場合の理想化として,粘性を無視し内力としては圧力しか働かないとした流体を完全流体と呼ぶが,超流動状態の液体ヘリウムを除けば実在の流体はすべて粘性をもつ粘性流体である。通常の流体では粘性応力は変形速度の一次関数となり(ニュートンの粘性法則),ニュートン流体と呼ばれる。…

※「粘性流体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

粘性流体の関連キーワードストークス(Sir George Gabriel Stokes)ヘルムホルツの定理(流体力学)ケルヴィンの最小エネルギー理論ナビエ=ストークス方程式テイラー数(粘性流体)ケルヴィンの循環理論アレンの法則(粘性)バーガースの方程式非ニュートン流体ストークスの法則地球の物理的性質流体の運動方程式テイラーの流れニュートン流動モファットの渦レイノルズ数カルマン渦列レオロジーストークス回転ポンプ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android