大気圏(読み)たいきけん(英語表記)earth's atmosphere

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大気圏
たいきけん
earth's atmosphere

地球を覆っている大気が存在する部分。地球の表面の大気は容積比で窒素約 78%,酸素約 21%,アルゴン約 1%,その他の混合気体であって,この組成は高度 80km付近まで変わらず,密度および圧力が指数関数的に減少していく。それより上空では,太陽からの放射によって窒素および酸素分子が解離したり電離したりして組成が変化し,密度は希薄になって粒子密度が 1cm3あたり 100個程度といわれる宇宙空間につながっていく。大気の痕跡は 1000km程度の高さまで広がっているが,人工衛星の運動に影響を与えるほどの密度になるのは高度およそ 200km程度である。大気圏は地球上の生物などを太陽の放射線から守り,地球表面の気候を一定に保つのに重要な役割を果たしている。また,上層の 20~25km付近に最も多いオゾンによる太陽紫外線の吸収によって,成層圏が暖まるなど大気の温度は高度によって大きく変化している。高度およそ 80kmまでの大気圏を,低いほうから,対流圏,成層圏および中間圏に分け,それ以上を熱圏とする。電離層オーロラが現れるのは熱圏内である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たいきけん【大気圏】

地球をとりまく大気の存在する範囲。(下から順に)対流圏・成層圏・中間圏・熱圏の総称。気圏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大気圏の関連情報