コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対流性降水 たいりゅうせいこうすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対流性降水
たいりゅうせいこうすい

大気が不安定な状態となりが発生してもたらされる,ひょうなどの降水。大気は,暖かい空気の上に冷たい空気が入ってきたり,地表の空気が暖められて上層の空気よりも暖かくなったりすると不安定な状態になるが,この程度が強いと積乱雲が発生し,短時間に強い降水となり,雷を伴うこともある。降り方に比較的めりはりがあり,強く降ってすぐに弱まったり,また強くなったりという降水を繰り返す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android