コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿像 ジュゾウ

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐ぞう〔‐ザウ〕【寿像】

その人の存命中につくっておく肖像彫刻肖像画

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅぞう【寿像】

生前に作っておくその人の像。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の寿像の言及

【頂相】より

…一般には曲彔(きよくろく)(法会に用いる椅子)上に趺坐(ふざ)し,右手に竹篦(しつぺい),払子(ほつす),警策(けいさく)をもつ全身像が基本であるが,画像では半身像,経行(きんひん)像(経を唱えながら歩行する姿),夢中像,円相像,再来説に基づくものなど,像主の境涯や説話をとり入れた像容をもつ頂相もある。像主生存中のものを寿像(じゆぞう),没後の制作を掛真(けしん)といい,面貌の向きを異にするが例外もある。また黄檗宗では真正面の画像が用いられている。…

※「寿像」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寿像の関連キーワード頂相(ちんそう)結城豊太郎朝鮮美術狩野探幽金光房雪舟康猶生前

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android