法文(読み)ほうもん

精選版 日本国語大辞典「法文」の解説

ほう‐もん ホフ‥【法文】

〘名〙 仏語。仏法を説き記した文章の類。経典の文。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「しづかに時々はこもり侍りて、見たまはまほしきほうもん、書どもも侍り」

ほう‐ぶん ハフ‥【法文】

〘名〙
法令の文章。
※条約改正論(1889)〈島田三郎〉二「私情の為めに法文を動かさんと欲するも」
② 大学の法学部文学部を併称する略語

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「法文」の解説

ほう‐ぶん〔ハフ‐〕【法文】

法律法令の文章。「法文解釈」
大学の法学部と文学部を合わせた称。

ほう‐もん〔ホフ‐〕【法文】

など仏法を説き明かした文章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android