コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿岳しづ じゅがく しづ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寿岳しづ じゅがく-しづ

1901-1981 昭和時代の翻訳家,随筆家。
明治34年10月23日生まれ。岩橋武夫の妹。兄の同級生の寿岳文章(ぶんしょう)と結婚。英語を独習し,ハドソン「はるかな国とほい昔」などを翻訳する。夫と和紙の研究にとりくみ,共著に「紙漉(かみすき)村旅日記」がある。戦後は婦人運動でも知られた。昭和56年6月27日死去。79歳。大阪出身。梅田高女中退。本名は静子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寿岳しづの関連キーワード寿岳章子昭和時代

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android