コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿岳しづ じゅがく しづ

1件 の用語解説(寿岳しづの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寿岳しづ じゅがく-しづ

1901-1981 昭和時代の翻訳家,随筆家。
明治34年10月23日生まれ。岩橋武夫の妹。兄の同級生寿岳文章(ぶんしょう)と結婚。英語を独習し,ハドソン「はるかな国とほい昔」などを翻訳する。夫と和紙の研究にとりくみ,共著に「紙漉(かみすき)村旅日記」がある。戦後は婦人運動でも知られた。昭和56年6月27日死去。79歳。大阪出身。梅田高女中退。本名は静子。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寿岳しづの関連キーワードホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ銀行法座散乱木遺跡正岡子規亜蘭知子電子制御式4速AT童夢常用漢字女人芸術熱帯林

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone