コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婦人運動 ふじんうんどう

4件 の用語解説(婦人運動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

婦人運動
ふじんうんどう

人間としての平等人権思想を中心とし,婦人問題の解決,婦人の社会的地位向上を目指した社会運動。有名な運動団体としては,平和,貧乏追放,婦人解放を目標として第1次世界大戦中に生まれた婦人国際平和自由連盟がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじん‐うんどう【婦人運動】

婦人に対する差別を撤廃し、社会的地位・権利の向上を目的とする女性による自覚的な社会運動。近代以降、女性の参政権獲得運動を中心に、男女平等の実現を求めて展開されてきた。女性を主体とする平和運動消費者運動なども含める。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふじんうんどう【婦人運動】

男性と平等の権利を獲得し女性の地位向上をはかるために、女性が主体となって行う社会運動。特に、女性の人権・参政権・法律上の地位・教育・職業活動などにおける制度的女性差別を是正しようとするもの。また、平和運動・消費者運動・慈善活動などを含めて、そのうち女性が主体となっている運動をもいう。 → 女性解放運動

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

婦人運動
ふじんうんどう

女性に対するあらゆる形態の差別の撤廃を目ざし、男女平等を実現しようとする自覚的かつ社会的な運動をさす。「婦人運動」は、階級間に存在する不平等社会制度を変革し、参政権・教育・職業・結婚・家族関係などのあらゆる領域における男女差別の撤廃を目ざす19世紀以降の「婦人解放運動」をさすことばとして使われてきた。「婦人運動」の基礎には男性の女性に対する抑圧は、私有財産制に基づく階級社会の存在に基因するものであり、階級社会の廃絶がなされるならば抑圧と被抑圧の関係も解決されるという視角があった。しかし、社会主義を掲げた国々における男女関係の実相が明らかにされるにつれ、性差別と階級差別の関係について新たなる視角の構築が必須(ひっす)であることが浮かび上がった。同時に「婦人」には既婚者など一部の女性のみに限定する意味合いがあるとの指摘がなされ、「婦人」から「女性」へと呼称の変更が相次いだ。こうした動向のもと、今日では広義の「女性運動」のなかに「婦人運動」も含めて考察されることが多くなった。[布施晶子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

婦人運動の関連キーワード両性生娘習い性となるギャル男男性経験Bedtime Eyesアレニウスの粘性公式サウジアラビアの女性同居強要事件男性宮(陽の宮)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

婦人運動の関連情報