コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙漉 かみすき

百科事典マイペディアの解説

紙漉【かみすき】

紙はコウゾ,カジノキ,アサ,ガンピ,ミツマタなどの食物繊維を原料として製された。古くは中国から伝来した基本的な製紙法の溜漉(ためすき)が行われたが,平安初期までに植物の内皮や根から抽出した粘着質を混ぜる日本独自の流漉(ながしずき)を考案,独特の和紙を生んだ。
→関連項目和紙

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

紙漉の関連キーワード岩野 平三郎(1代目)岩野 市兵衛(8代目)越中五箇山菅沼集落越中五箇山相倉集落岩野平三郎(初代)本郷(山口県)河辺(愛媛県)市川紙づくり唄市川楮打ち唄大石良雄宅跡岩坪の紙漉唄越前の製紙唄国東治兵衛慶俊(2)くるくる節宿紙上下座船・舟・槽寿岳 しづ富田の清水小田 武雄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紙漉の関連情報