コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿岳文章 じゅがくぶんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寿岳文章
じゅがくぶんしょう

[生]1900.3.28. 神戸
[没]1992.1.16. 京都,向日
イギリス文学者。関西学院を経て,1927年京都大学英文科卒業。関西学院大学甲南大学などの教壇で主として書誌学を講じ,『ヰルヤム・ブレイク書誌』 (1929) ,『本と英文学』 (57) などの著書がある。新村出の提唱した和紙研究会に参加,『日本の手漉紙』 (59) などを著わし,和紙の研究家としても有名。ダンテの『神曲』の翻訳もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寿岳文章 じゅがく-ぶんしょう

1900-1992 昭和時代の英文学者,書誌学者。
明治33年3月28日生まれ。妻は寿岳しづ。関西学院大,甲南大などの教授を歴任。イギリスの詩人W.ブレイクを研究し,昭和4年「ヰリヤム・ブレイク書誌」をあらわす。書誌学,和紙研究の先駆者として知られ,12年新村出(しんむら-いずる)らと和紙研究会を結成。ダンテの「神曲」を完訳し,52年読売文学賞。平成4年1月16日死去。91歳。兵庫県出身。京都帝大卒。旧姓は鈴木。著作に「書物の世界」「和紙風土記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寿岳文章
じゅがくぶんしょう
(1900―1992)

英文学者、書誌学者、和紙研究家。兵庫県に生まれる。関西大学英文科に在学中の1926年(大正15)、チェルトコフ『晩年のトルストイ』の訳書を処女出版。卒業後、京都大学文学部選科に学ぶ。『ヰリヤム・ブレーク書誌』(1929)、『書誌学とは何か』(1930)などにより、ブレーク研究家として出発。31年(昭和6)柳宗悦(やなぎむねよし)とともに月刊誌『ブレイクとホイットマン』を創刊、さらにウィリアム・モリスのケルムスコット・プレスの影響を受け、夫妻協力して『向日庵消息』を発刊、『無染の歌』『絵本どんきほーて』などの美本のほか、夫妻共著で和紙の研究成果『紙漉(かみす)村旅日記』(1943)を刊行した。龍谷大学、関西(かんせい)学院大学、甲南大学教授を歴任。7年の歳月をかけて完成したダンテ『神曲』の訳業により1976年度読売文学賞を受賞。夫人しづ(1901―81)は大学時代の級友岩橋静夫(のち日本ライトハウス館長)の妹で、随筆家、翻訳家。『寿岳文章・しづ著作集』全6巻(1970)がある。[紀田順一郎]
『大久保久雄・笠原勝朗編『寿岳文章書誌』(1985・同書刊行会) ▽寿岳文章著『書物の世界』(1973・出版ニュース社) ▽『図説本の歴史』(1982・日本エディタースクール出版部)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の寿岳文章の言及

【ダンテ】より

…《神曲》の翻訳としては,文章表現と文体に問題は残るが,最も原文に忠実で正確なものとして,山川丙三郎訳を挙げねばならない(1984年現在)。また,みずからキリスト者として翻訳にたずさわったもの(山川丙三郎,中山昌樹ら)が多いなかにあって,寿岳文章訳は仏教者の心構えからダンテの詩的世界を日本の読者に知らしめようとしている。なお,一般の読者に最も接近しやすい版には平川祐弘訳がある。…

※「寿岳文章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

寿岳文章の関連キーワードウォーナー(Langdon Warner)ブレイク(William Blake)ホワイト(Gilbert White)ダブズ印刷所寿岳 文章寿岳 しづ伊藤 長蔵寿岳章子昭和時代翻訳文学蔵書票つの本禁書