コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿栄尼(読み)じゅえいに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寿栄尼 じゅえいに

?-? 江戸時代中期-後期の尼僧。
名古屋の味噌商(みそしょう)神谷元等(もとひと)の妻。夫の死後に出家。本居宣長(もとおり-のりなが)に和歌をまなび,寛政6年(1794)完成の宣長の「古今和歌集遠鏡(とおかがみ)」の出版を援助。また植松有信(ありのぶ)に学資をだす。子の神谷元邦,孫の元平も学者となり,同家の蔵書は「神谷本」とよばれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

寿栄尼

生年:生没年不詳
江戸後期の尼。尾張名古屋(愛知県)の味噌商,神谷元等(通称永楽屋伝右衛門)の妻。夫の没後春日井郡安井村に草庵を営み,本居宣長に師事して歌道に精進した。宣長の高弟植松茂岳に学資を投じ,宣長の著作『古今集遠鏡』の出版を援助したという。夫元等,息子元邦は本居春庭門,孫は植松茂岳門の国学者で,その蔵書は「神谷本」として世に珍重されている。

(岡佳子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android