コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿栄尼 じゅえいに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寿栄尼 じゅえいに

?-? 江戸時代中期-後期の尼僧。
名古屋の味噌商(みそしょう)神谷元等(もとひと)の妻。夫の死後に出家。本居宣長(もとおり-のりなが)に和歌をまなび,寛政6年(1794)完成の宣長の「古今和歌集遠鏡(とおかがみ)」の出版を援助。また植松有信(ありのぶ)に学資をだす。子の神谷元邦,孫の元平も学者となり,同家の蔵書は「神谷本」とよばれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

寿栄尼

生年:生没年不詳
江戸後期の尼。尾張名古屋(愛知県)の味噌商,神谷元等(通称永楽屋伝右衛門)の妻。夫の没後春日井郡安井村に草庵を営み,本居宣長に師事して歌道に精進した。宣長の高弟植松茂岳に学資を投じ,宣長の著作『古今集遠鏡』の出版を援助したという。夫元等,息子元邦は本居春庭門,孫は植松茂岳門の国学者で,その蔵書は「神谷本」として世に珍重されている。

(岡佳子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

寿栄尼の関連キーワード生年尼僧

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android