コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

封じ手 ふうじて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

封じ手
ふうじて

囲碁,将棋,チェスの対局を途中で中断する場合,次の一手を用紙に記入し厳封して立会人に預ける。その手を封じ手といい,対局再開のときに開封して着手する。普通は2日制の対局に用いられ,1日目が終了するときに封じ手が書込まれる。持ち時間制における対局者への公正を期することがその目的。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふうじ‐て【封じ手】

囲碁・将棋で、対局が持ち越される場合、翌日先に打つ人が、次の手を紙に書いて封じ入れておくこと。また、その手。
武術などで、使うことを禁じられている技。禁じ手

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふうじて【封じ手】

将棋・囲碁などの対局で、勝負がさしかけや打ちかけになる時、その日の最後になる手を打たずに紙に書き、再開時まで封をしておくこと。また、その手。
武術などで、禁じられている技。禁手。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

封じ手の関連キーワード寛政力士伝将棋の用語囲碁禁手

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

封じ手の関連情報