武術(読み)ぶじゅつ

精選版 日本国語大辞典「武術」の解説

ぶ‐じゅつ【武術】

〘名〙 剣術槍術柔術、馬術、砲術など、道に関する技術。武技武芸
※随筆・夏山雑談(1741)五「三百年以来、鎗術、剣術、柔術あり〈略〉後には又いかなる武術か起りやせん」 〔顔延之‐皇太子釈奠会作詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「武術」の解説

【武術】ぶじゆつ

武芸。

字通「武」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の武術の言及

【武道】より

…これは,日本武道館,日本武道学会,武道学科などの名称に〈武道〉の語が用いられているところからも了解できる。その意味では,日本の武術,武芸,武技などといわれてきた伝統的な運動文化を,近代になって〈武道〉と呼ぶようになったともいえる。しかし〈武道〉には,歴史的に〈武士道〉という倫理思想的な意味もあり,その意味では,茶道,華道,書道などと同様,日本の伝統的な文化として概念づけることができる。…

※「武術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android