射付ける(読み)イツケル

デジタル大辞泉の解説

い‐つ・ける【射付ける】

[動カ下一][文]いつ・く[カ下二]
光などが、物を強く照らす。
「華やかな夕日がつっとその白地の浴衣に―・けた」〈真山南小泉村
矢を射って物に当てる。射当てる。
「母から疑惑の矢を胸に―・けられたような気分で」〈漱石行人
矢で物を射通して他の物に刺し留め、動かないようにする。
「林の中に大きなる野猪(くさゐなぎ)、木に―・けられてぞ死にてありける」〈今昔・二七・三四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いつける【射付ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 いつ・く
矢を射て物に当てる。 「疑惑の矢を胸に-・けられたやうな気分/行人 漱石
(光などが)強く照らす。 「夏の日差しが肌に-・ける」
矢で射通して他の物につける。 「大きな野猪くさいなぎ、木に-・けられてぞ死にて有りける/今昔 27

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android