コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射付ける イツケル

デジタル大辞泉の解説

い‐つ・ける【射付ける】

[動カ下一][文]いつ・く[カ下二]
光などが、物を強く照らす。
「華やかな夕日がつっとその白地の浴衣に―・けた」〈真山南小泉村
矢を射って物に当てる。射当てる。
「母から疑惑の矢を胸に―・けられたような気分で」〈漱石行人
矢で物を射通して他の物に刺し留め、動かないようにする。
「林の中に大きなる野猪(くさゐなぎ)、木に―・けられてぞ死にてありける」〈今昔・二七・三四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いつける【射付ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 いつ・く
矢を射て物に当てる。 「疑惑の矢を胸に-・けられたやうな気分/行人 漱石
(光などが)強く照らす。 「夏の日差しが肌に-・ける」
矢で射通して他の物につける。 「大きな野猪くさいなぎ、木に-・けられてぞ死にて有りける/今昔 27

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

射付けるの関連キーワード野猪

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android