三四(読み)そうし

精選版 日本国語大辞典「三四」の解説

そう‐し サウ‥【三四】

〘名〙
① (「さんし(三四)」の変化した語) 三か四ぐらいであること。「三四人」「三四年」などと用いる。
※御伽草子・毘沙門の本地(室町時代物語集所収)(室町末)中「姫を二たび返したまひ、このさう四年そひたてまつる事、一ゑに大しの御いとくなり」
※天草本平家(1592)一「サムライ sǒxinin(サウシニン) ツレテ」
※日葡辞書(1603‐04)「カミ sǒximai(サウシマイ)
② (三に四を掛けて、一二の意) 鵜匠がさばく一二本の鵜縄。
※俳諧・玉海集追加(1667)夏「濃州長良河にて十二艘の舟ごとにをのをの十二羽づつつかひ侍るをみて、おもしろうさうしさばくるう縄かな〈貞室〉」

さん‐し【三四】

〘名〙
① 三と四。三か四。また、それくらいの数。三番目と四番目。
落窪(10C後)一「三四の君、裳著せ奉り給はんとて、かしづきそし給ふ」
五目並べで、四個連続したと三個連続した石が同時にできるもの。四三(しさん)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android