射竦(読み)いすくめる

精選版 日本国語大辞典「射竦」の解説

い‐すく・める【射竦】

〘他マ下一〙 いすく・む 〘他マ下二〙
① 矢を盛んに射て敵を恐れ縮みあがらせる。
※太平記(14C後)五「是を見て、敢へて近付く者一人もなし。只遠矢に射すくめければ」
② 相手を威圧的な視線、目つきで恐れさせる。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「怨に輝いた男の其の目に会ふと、射竦(イスク)められるやうに直ぐ又俯いて了ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android