コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

将軍宣下 ショウグンセンゲ

デジタル大辞泉の解説

しょうぐん‐せんげ〔シヤウグン‐〕【将軍宣下】

朝廷が宣旨(せんじ)を下して、征夷大将軍を任命すること。建久3年(1192)源頼朝を任じた時に始まる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうぐんせんげ【将軍宣下】

朝廷が征夷大将軍に任命する旨の宣旨を下すこと。1192年、源頼朝が任命されたのが最初。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の将軍宣下の言及

【徳川家光】より

…この前後,かぶきの風俗が流行し,家光もこれを好んで衣装・髪・化粧に凝り,合せ鏡をしたり,市中を微行して辻斬のうわさをたてられたり,躍り(おどり)にうちこんだりしたが,忠俊の強い諫言もあって改まった。23年父とともに上洛して将軍宣下を受け,正二位内大臣,26年(寛永3)再度上洛,後水尾天皇の二条城行幸を迎え,従一位左大臣。29年には勅許紫衣(しえ)停止の幕命に背いた大徳寺の沢庵らを流刑にし(紫衣事件),朝廷に対する幕府の優位を確定し,34年の上洛を最後に幕末まで歴代将軍の上洛はなく,将軍宣下は勅使を江戸城に迎えて行うようになった。…

【徳川家康】より

…翌年閏3月五大老の一人前田利家の死後,秀吉の築いた伏見城本丸に入り,〈天下殿になられ候〉(《多聞院日記》)と評されるにいたった。この地位は1600年の関ヶ原の戦の後はますます強化されたが,なお〈世間後見〉という実力上のものにすぎず,名実ともに日本の統一的支配者となるには03年の天皇による将軍宣下が必要であった。 1605年には将軍職を秀忠に譲り,将軍が徳川氏に世襲されるべきものであることを天下に示すとともに,官位の束縛を受けない大御所として公家・寺社勢力を含めた全国支配の実権を握りつづけた。…

※「将軍宣下」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

将軍宣下の関連キーワード淳和奨学両院の別当将軍継嗣問題桜田門外の変勧修寺光豊反米・段米酒井忠清徳川家綱守光公記徳川家継徳川家治徳川家定山科言経徳川家斉徳川慶喜久明親王徳川吉宗日野重子徳川家宣徳川綱吉大坂の陣

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

将軍宣下の関連情報