コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

征夷大将軍 せいいたいしょうぐん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

征夷大将軍
せいいたいしょうぐん

蝦夷 (えぞ) 征伐のため臨時に編成された征討軍の総大将。後世では,蝦夷征伐とは関係なく,兵権を握って天下の政務を執行する武人出身者にこの称号が与えられた。略して将軍ともいう。延暦 13 (794) 年大伴弟麻呂が任命されたのが最初で,その後坂上田村麻呂文室綿麻呂が就任,弘仁4 (813) 年に綿麻呂が再任されたが,以後中絶した。寿永3 (1184) 年木曾義仲が補任されてからは武士で政権を掌握するものの称となり,建久3 (92) 年源頼朝が任命されて鎌倉に幕府を開設した。足利氏徳川氏も任命されてこの職を世襲した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいい‐たいしょうぐん〔‐タイシヤウグン〕【征×夷大将軍】

古代、蝦夷(えぞ)鎮撫(ちんぶ)のための遠征軍の指揮官。延暦13年(794)大伴弟麻呂が任ぜられたのに始まる。征夷将軍。
鎌倉時代以降、幕府の主宰者の職名鎌倉幕府を開いた源頼朝以後、室町幕府足利(あしかが)氏、江戸幕府の徳川氏まで引き継がれた。将軍。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

征夷大将軍【せいいたいしょうぐん】

単に将軍とも。本来は蝦夷(えみし)征討のための臨時の将軍で,奈良時代からしばしば任命され,坂上(さかのうえ)田村麻呂は有名。一時中絶したが,源平の争乱の際にその称号が復活。
→関連項目江戸時代親王将軍幕府富士の巻狩源頼朝護良親王東漢氏

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

征夷大将軍

 奈良時代末に東北地方の蝦夷[えみし]を攻めるためにおくられた軍隊の総司令官のことです。鎌倉時代時代以降は、武士による政権のトップの称号になり、朝廷[ちょうてい]から征夷大将軍に任命されました。一般的には「将軍」というように省略しています

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいいたいしょうぐん【征夷大将軍】

元来は陸奥における蝦夷征討のため,朝廷から任命された総指揮官。蝦夷征討のための臨時の職に征夷使があり,大将軍の下に副将軍,軍監,軍曹を置いた。征夷使を征東使と呼んだ時期もあり,大将軍,副将軍は大使,副使とも呼ばれたから,征夷大使,征東大使は実質的には征夷大将軍と同じであり,奈良時代に藤原宇合(うまかい),藤原麻呂,藤原継縄藤原小黒麻呂,大伴家持,紀古佐美らがこれに任命された。しかし彼らは征夷大将軍とは呼ばれておらず,征夷(大)将軍の称の初見は,720年(養老4)に任命された多治比県守(たじひのあがたもり)である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいいたいしょうぐん【征夷大将軍】

平安初期、蝦夷えみし征討のため臨時に派遣された遠征軍の指揮官。大伴弟麻呂・坂上田村麻呂・文屋綿麻呂などが任ぜられたが、以後中絶。
鎌倉時代以後、幕府政権の長たる者の称。征夷将軍。将軍。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

征夷大将軍
せいいたいしょうぐん

一般的には源頼朝(よりとも)に始まる武家政権(幕府)の首長をさすが、本来は蝦夷(えぞ)征討のため朝廷から臨時に任ぜられた総指揮官のことをいった。律令(りつりょう)政府は、蝦夷征討軍をしばしば派遣したが、721年(養老5)に多治比県守(たじひのあがたもり)を責任者に任命し「征夷将軍」と称した。しかし、その後、奈良時代には蝦夷征討軍の主将を征夷将軍の名でよぶことはなかった。ところが、794年(延暦13)に大伴弟麻呂(おおとものおとまろ)を征夷大将軍に任じたのを最初とし、以後、9世紀初頭までに数回の征夷大将軍の任命がなされた。そのなかでも坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が有名で武名をはせたが、813年(弘仁4)に文屋綿麻呂(ふんやのわたまろ)が任命されたのを最後に廃絶した。その理由は、このころには蝦夷鎮圧がいちおう完了したためとみられている。
 ところが、12世紀末に武家政権が成立するとともに、この征夷大将軍の職名が復活し、新しい政治的意義を帯びるに至った。まず1184年(元暦1)に平家を破って入京した源(木曽(きそ))義仲(よしなか)が征夷大将軍に任命された。しかし、この征夷大将軍はもはや蝦夷征討とは無関係で、義仲が自らの覇権を権威づけるために武門の棟梁(とうりょう)にふさわしい官名としてこれを望んだためであった。ついで源頼朝もこの地位に任ぜられることを熱望したが、後白河(ごしらかわ)法皇の反対にあい、法皇の死後1192年(建久3)に至ってようやく実現した。頼朝のあと鎌倉幕府の歴代の首長がこの地位についたので、征夷大将軍の名号は天下の武力をつかさどる武家政治の首長の地位を意味するようになった。足利尊氏(あしかがたかうじ)も室町幕府の成立にあたってこの職につき、室町幕府の歴代の首長もこの地位に任ぜられた。それは江戸幕府にも継承され、1603年(慶長8)に徳川家康が任命されてのち代々世襲して、1867年(慶応3)に王政復古で廃止されるまで続いた。なお、武家政権を幕府と称するのは、将軍の邸宅を中国風に幕府とよんだことに由来する。[田中文英]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の征夷大将軍の言及

【将軍】より

…《続日本紀》によって奈良時代の実例を見ると,大将軍,将軍,副将軍には征討に直接関係のない場合も少なくない。また征夷将軍,征東将軍,征夷大将軍,征東大将軍,征狄(せいてき)将軍,征越後蝦夷将軍,陸奥鎮東将軍,陸奥鎮守将軍,鎮狄将軍,征西将軍,征隼人持節大将軍,鎮西将軍など,各種の将軍の任命されたことも知られる。さらに,将軍号こそないが,征夷大使,征東使,征東大使なども事実上の将軍,大将軍であった。…

【徳川家光】より

… 32年秀忠が死去した後は大御所と将軍の二元政治が解消され,家光のもとで一元化された将軍政治が行われることになった。このことは,征夷大将軍という朝廷官職が,太閤や大御所といった〈天下人〉の権力を吸収し,固有の機構をもった独立の〈将軍権力〉として権能を発動し始めたことを意味する。家光が諸大名に対し〈余は生まれながらの将軍である〉と言ったと伝えられるのは,この意味において正しく,家光の政治はそれを完成させるところに向けられた。…

【幕府】より

征夷大将軍(せいいたいしようぐん)を首長とする武家政権。鎌倉,室町(足利),江戸(徳川)幕府がある。…

【武家政治】より

…なお鎌倉幕府に先行する平氏政権は武家出身者たる平清盛による政権であり,これをも武家政治とする見解もあるが,権力の源泉や政治組織あるいは経済的基盤などにおいて貴族(公家)の政権と類似するとの理由で,これを武家政治の範疇に含めない立場が有力である。
[征夷大将軍と幕府]
 武家政権の首長たちは,鎌倉幕府の創始者源頼朝の例にならって征夷大将軍に任ぜられ,一般に将軍と呼ばれた。またこの頼朝は,1190年(建久1)に右近衛大将に任ぜられたが,この近衛大将は官職の唐名(中国名)で呼ぶと親衛大将軍,大将軍となる。…

※「征夷大将軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

征夷大将軍の関連キーワード坂上田村麻呂(758〜811)秦蔵六(初代)令外の官徳川家茂大樹将軍足利義政足利義稙桓武天皇九条兼実道嶋御楯阿弖流為武家政治将軍宣下足利義量成良親王惟康親王源実朝将軍家将軍職徳丹城

征夷大将軍の関連情報