小マゼラン雲(読み)しょうマゼランうん

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐マゼランうん セウ‥【小マゼラン雲】

(マゼランはポルトガルの航海家 Magellan の名による) 銀河系よりやや小規模の小宇宙。天の南極に近い巨嘴鳥座にある不規則星雲で地球から一七万光年以上離れている。銀河系・大マゼラン雲とともに三重銀河を形成する。小マゼラン星雲。小マゼラン銀河。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android