小人革(読み)こびとがわ

大辞林 第三版の解説

こびとがわ【小人革】

薄く滑らかな上質の鹿革。東北地方で産し、また中国から輸入されて、足袋などに用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こびと‐がわ ‥がは【小人革】

〘名〙 革商の間でいう鹿の革の一種。日本では東北で産し、また、同種の大陸からの品は尊重された。きめ細かで薄いところから細工物足袋などに用いられる。
※随筆・我衣(1825)「正徳の頃まで革足袋両種あり。小人皮〈薄し〉唐皮也。はだへこまかにして革もやはらか也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android