小余綾の(読み)コユルギノ

デジタル大辞泉の解説

こゆるぎ‐の【小×綾の】

[枕]歌枕の「小余綾(こゆるぎ)の磯」から、磯と同音を有する「急ぐ」「五十(いそぢ)」にかかる。こよろぎの。
「―急ぎ出でてもかひなかりけり」〈拾遺・恋四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こゆるぎの【小余綾の】

( 枕詞 )
「小余綾の磯いそ」が有名であったことから「急ぐ」にかかる。 「 -急ぎ出でてもかひ無かりけり/拾遺 恋四

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こゆるぎ‐の【小余綾の】

歌枕の「こゆるぎの磯」から、「磯(いそ)」と同音を持つ「急ぐ」「五十(いそじ)」などにかかる。こよろぎの。
※拾遺(1005‐07頃か)恋四・八五二「如何にしてけふを暮らさむこゆるぎのいそぎ出でてもかひ無かりけり〈小弐命婦〉」

こよろぎ‐の【小余綾の】

※幸若・新曲(室町末‐近世初)「あるじのおとど、小余綾(コヨロキ)のいそぎ、御かはらけ持てまいりければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android