新曲(読み)しんきょく

精選版 日本国語大辞典「新曲」の解説

しん‐きょく【新曲】

[1] 〘名〙
① 新作の曲。また、当世風の曲。
※中華若木抄(1520頃)中「旧楽のは、いかがなるほどに新曲を作くらいではとて、金花牋を李太白に賜て此清平調を賦せしむるに即席に献之也」 〔新唐書‐礼楽志・一二〕
の組歌のうち安永年間(一七七二‐八一以後に作られた曲。
三味線組歌の新作曲。本手七曲に対するものをいう。
歌謡・松の葉(1703)一「端手目録(はでもくろく)一、待(まつ)にござれ、二、(くず)の葉〈〉此七曲を新曲といふ、柳川撿挍作也」
[2] 幸若舞の曲名。室町期に成立。作者未詳。「太平記‐一八」の「春宮還御の事、付一宮御息所の事」をあつかったもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「新曲」の解説

しん‐きょく【新曲】

新しく作られた歌曲・楽曲。
そう組歌くみうたのうち、安永年間(1772~1781)以後に作られた曲。
三味線組歌の新作曲。本手組7曲に対するものをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「新曲」の解説

【新曲】しんきよく

新しい詞や曲。〔泊宅編、六〕東坡せらる。元豐五年、日に因りて、赤壁の高峰置酒し、客と飮す。士李委、を懷(いだ)きて以てむるり。因りて新曲を獻じて、鶴南飛と曰ふ。~坡ひ、(まか)せて詩をる。

字通「新」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android