小侍従集(読み)コジジュウシュウ

精選版 日本国語大辞典の解説

こじじゅうしゅう こジジュウシフ【小侍従集】

平安末期の女流歌人小侍従の私家集。一巻。春、夏、秋、冬、恋、雑に部類され、百首歌の残欠と思われるものを含む伝本もある。小侍従は二条天皇や高倉天皇に仕えた宮廷女房で、「待つ宵にふけゆく鐘の声聞けばあかぬ別れのとりはものかは」の秀歌で「待宵(まつよい)の小侍従」と呼ばれた。二条院讚岐や殷富門院大輔(いんぷもんいんのたいふ)と並ぶ当時の代表的女流歌人。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android