コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殷富門院大輔 いんぷもんいんの たいふ

4件 の用語解説(殷富門院大輔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

殷富門院大輔 いんぷもんいんの-たいふ

1131?-1200? 平安後期-鎌倉時代の歌人。
天承元年?生まれ。藤原信成の娘。殷富門院につかえる。俊恵(しゅんえ)の歌林苑(かりんえん)の一員で,西行らと交流した。多作ぶりから「千首大輔」とよばれ,「千載和歌集」以下の勅撰集に63首がとられている。建久3年門院にしたがい出家した。正治(しょうじ)2年?死去。70歳? 家集に「殷富門院大輔集」。
【格言など】見せばやな雄島の海人(あま)の袖だにも濡れにぞ濡れし色は変らず(「小倉百人一首」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

殷富門院大輔

没年:正治2以前(1200)
生年:天承1頃(1131)
平安時代の歌人。父は藤原信成,母は文章博士菅原在良の娘。従姉妹に小侍従がいる。後白河院皇女亮子内親王(殷富門院)のもとに出仕。歌林苑の会衆として,俊恵,西行,藤原隆信らと交流があり,文治3(1187)年には藤原定家・家隆・隆信,寂蓮らに百首歌を勧進した。藤原清輔選『続詞花和歌集』に選ばれ,以後多くの歌合に出詠し,その多作ぶりにより「千首大輔」とも呼ばれた。知的で,力強く,堂々とした作風。家集に『殷富門院大輔集』がある。<参考文献>森本元子「殷富門院大輔考」(『私家集の研究』)

(谷知子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いんぷもんいんのたいふ【殷富門院大輔】

1131ころ‐1200ころ(天承1ころ‐正治2ころ)
平安末期の女流歌人。藤原信成の娘。殷富門院亮子(すけこ)内親王(後白河院第1皇女)の女房。歌林苑の有力な一員で,当時から有名な歌人であった。住吉社歌合(1170)以下多くの歌合に参加し,みずから歌合を催している。藤原定家,寂蓮,源頼政,西行らと交際があり,多作で知られる。《千載集》以下の勅撰集に63首入集。家集《殷富門院大輔集》がある。《小倉百人一首》に〈見せばやなをじまのあまの袖だにもぬれにぞぬれし色はかはらず〉がとられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いんぷもんいんのたいふ【殷富門院大輔】

平安末期の歌人。藤原信成の女むすめ。後白河院皇女亮子内親王(殷富門院)の女房。「千首大輔」といわれる多作家。俊恵が主催した歌林苑の会衆の一人。「千載和歌集」以下の勅撰集に六三首入集。生没年未詳。家集「殷富門院大輔集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

殷富門院大輔の関連キーワードコロシアムころ銭天承ころ流し狆ころコロコロイチバンコロコロの日ころころミルクサイコロビバリーニ家

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone