待宵(読み)マツヨイ

  • まつよい ‥よひ
  • まつよい〔よひ〕

デジタル大辞泉の解説

《翌日の十五夜の月を待つ宵の意》陰暦8月14日の夜。小望月(こもちづき)。 秋》「―を終(つひ)に雨来し梢かな/句仏
来るはずの人を待つ宵。
「―のふけゆく鐘の声きけばあかぬ別れの鳥はものかは」〈新古今・恋三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 来ることになっている人を待つ宵。
※曾丹集(11C初か)「まつよひの風だもさむくふかざらば見えこぬ人をうらみましやは」
※新古今(1205)恋三・一一九一「待つ宵にふけ行く鐘のこゑきけばあかぬ別れの鳥は物かは〈小侍従〉」
② (翌一五日の月を待つ宵の意で) 陰暦八月一四日の宵。《季・秋》
※浮世草子・好色一代男(1682)一「十三夜の月、待(マツヨイ)めい月」
※銀の匙(1913‐15)〈中勘助〉前「待宵の咲いてゐる原へ」
[語誌]本来「人待つ宵」の約言と考えられるが、①の挙例「新古今集」の歌が評判になったため、歌語として定着した。とくに俳諧では、花も月も待つ心を尊重するところから、十五夜の月を愛でるあまりに、その夜の曇るのを心配して、前夜の月を観賞しておこうとし、その結果、②の意を生じ、一四日の月は小望月と称されて、俳諧の季題となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

待宵の関連情報