コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高倉天皇 たかくらてんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高倉天皇
たかくらてんのう

[生]応保1(1161).9.3. 京都
[没]養和1(1181).1.14. 京都
第 80代の天皇 (在位 1168~80) 。名は憲仁。後白河天皇の第7皇子。母は平時信の娘,尊称皇太后建春門院滋子。仁安1 (66) 年六条天皇の皇太子となり,同3年後白河法皇院政下に即位平清盛最盛期にあたり,天皇は名目にすぎなかった。しかも院と清盛との対立は激化し,法皇が平氏の権を押えようとしたため憤激した清盛は,法皇を鳥羽殿に幽閉。清盛の女婿である天皇は深くこれを憂え,治承4 (80) 年中宮建礼門院平徳子所生の安徳天皇譲位,翌年没した。笛をよくしたという。陵墓は京都市東山区清閑寺陵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たかくら‐てんのう〔‐テンワウ〕【高倉天皇】

[1161~1181]第80代の天皇。在位1168~1180。後白河天皇の第7皇子。名は憲仁(のりひと)。後白河法皇の院政下に即位し、平清盛の娘徳子(建礼門院)を皇后としたが、法皇と清盛の不和を憂えて安徳天皇に譲位。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

高倉天皇【たかくらてんのう】

後白河天皇皇子。1168年六条天皇の譲位により即位。中宮徳子(建礼門院)の父平清盛後白河院の対立に悩み,1180年徳子所生の安徳天皇に譲位,形式的な院政を行った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高倉天皇 たかくらてんのう

1161-1181 平安時代後期,第80代天皇。在位1168-80。
永暦(えいりゃく)2年9月3日生まれ。後白河上皇の皇子。母は平滋子(しげこ)(建春門院)。六条天皇が5歳で譲位し,8歳で即位。平清盛が絶大な権力をふるい,後白河上皇との対立がふかまる。治承(じしょう)4年清盛の娘徳子(建礼門院)との間に生まれた3歳の皇子言仁(ときひと)(安徳天皇)に位をゆずった。治承5年1月14日死去。21歳。墓所は後清閑寺陵(のちのせいかんじのみささぎ)(京都市東山区)。諱(いみな)は憲仁(のりひと)。
【格言など】薄霧の立ちまふ山のもみぢ葉はさやかならねどそれとみえけり(「新古今和歌集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高倉天皇

没年:養和1.1.14(1181.1.30)
生年:応保1.9.3(1161.9.23)
平安末期の天皇。後白河天皇と建春門院滋子の皇子。諱は憲仁。母滋子の姉は平清盛の妻時子である。3歳で清盛の娘で関白基実の妻盛子の猶子となる。仁安1(1166)年10月10日,6歳で立太子。同3年2月19日即位。父の院政のもとで成長。皇室との密接な関係を求める清盛の政策で,承安2(1172)年清盛の娘徳子(のちの建礼門院)を中宮に迎える。清盛の勢力拡大に伴い,後白河法皇との軋轢が深まるなか,治承2(1178)年,生後間もない皇子(のちの安徳天皇)を皇太子とする。天皇の苦悩にもかかわらず清盛は翌年11月クーデタを起こし,法皇を幽閉し院政をとどめ,軍事政権を敷く。翌年2月譲位し,厳島神社へ御幸する。治承4年の福原遷都へも同行するが,生来の病弱に加えて,父後白河法皇と義父清盛との対立の心労が重なり,翌年死去。詩歌管絃に優れ,特に笛は堪能であった。

(櫻井陽子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかくらてんのう【高倉天皇】

1161‐81(応保1‐養和1)
第80代に数えられる天皇。在位1168‐80年。名は憲仁(のりひと)。後白河天皇の第7皇子。母は平滋子(建春門院)。1168年(仁安3)六条天皇の譲位を受けて8歳で即位。院政を敷く父法皇と中宮徳子(建礼門院)の父平清盛との対立に悩み,79年(治承3)11月清盛によるクーデタ後まもなく,徳子所生の安徳天皇(3歳)に譲位した。以来,形式上は高倉院政となったが81年1月病没。笛の名手とうたわれた。陵墓は京都市東山区の後清閑寺陵。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たかくらてんのう【高倉天皇】

1161~1181) 第八〇代天皇(在位1168~1180)。名は憲仁のりひと。後白河天皇第七皇子。在位中は平清盛の隆盛時にあたり、その娘徳子を中宮とした。安徳天皇に譲位。笛の名手。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高倉天皇
たかくらてんのう
(1161―1181)

第80代の天皇(在位1168~80)。名は憲仁(のりひと)。後白河(ごしらかわ)天皇の第七皇子。母は平時信(ときのぶ)の女(むすめ)滋子(しげこ)(建春門院(けんしゅんもんいん))。永暦(えいりゃく)2年9月3日誕生。天皇の時代は、平清盛(きよもり)の権勢盛んなときにあたる。1180年(治承4)、天皇は清盛の女徳子(とくこ)の生んだ皇子言仁(ときひと)親王(安徳(あんとく)天皇)に譲位し、清盛の強請によって上皇として最初の社参を安芸(あき)(広島県)の厳島(いつくしま)神社に行った。これは京都近辺の寺院勢力の反平氏連合をもたらし、それはまた以仁王(もちひとおう)の挙兵と諸国の源氏の蜂起(ほうき)をよび、ここに源平争乱の時代が始まった。そのさなか、治承(じしょう)5年1月14日没した。御陵は京都市東山区の後清閑寺(のちのせいかんじ)陵。[山本博也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

高倉天皇 (たかくらてんのう)

生年月日:1161年9月3日
平安時代後期の第80代の天皇
1181年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

高倉天皇の関連キーワード建礼門院右京大夫集少将内侍(1)尊快入道親王七条院大納言後白河上皇能子内親王後堀河天皇後鳥羽天皇功子内親王聖海法親王六代勝事記藤原邦子清原頼業安嘉門院守貞親王藤原通子按察典侍生年月日妙法院想夫恋

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高倉天皇の関連情報