コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉文子 おぐら ふみこ

1件 の用語解説(小倉文子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小倉文子 おぐら-ふみこ

1861-1929 明治-大正時代の女官。
文久元年10月6日生まれ。小倉輔季(すけすえ)の娘。明治13年宮中にはいり,権典侍(ごんのてんじ)となり,のち典侍にすすむ。明治天皇,皇后につかえ,女官生活35年におよんだ。昭和4年1月28日死去。69歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小倉文子の関連キーワード薬の女官長女井上勝之助高倉寿子伊達宗陳辻寛津山(5代)前田漾子森田正路大正時代美術

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone