崩御(読み)ホウギョ

デジタル大辞泉「崩御」の解説

ほう‐ぎょ【崩御】

[名](スル)天皇皇后皇太后太皇太后を敬ってその死をいう語。昔は上皇法皇にもいった。
[補説]「タイ国王崩御」のように、国王・皇帝・天子の死に対しても用いる。
[類語]薨御薨去卒去お隠れ永逝死ぬ死亡死去死没長逝永眠往生逝去他界物故絶息絶命大往生お陀仏死する辞世成仏昇天瞑目落命急逝夭折夭逝死ぬ卒去する薨去こうきょするこうずるお隠れになる升遐しょうか徂落そらく崩ずる登仙易簀えきさく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「崩御」の解説

ほう‐ぎょ【崩御】

〘名〙 天皇・皇后・皇太后・太皇太后の死去を表わす尊敬語。古くは、上皇・法皇にもいった。
太神宮諸雑事記(11C中か)「件日天皇崩御早了」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の崩御の言及

【大喪】より

…天皇,皇后等の葬儀。1924年制定の皇室喪儀令において,天皇・太皇太后・皇太后・皇后の死を崩御と称し,その葬儀を大喪と規定した。天皇の埋葬については,古くは明らかではないが,大規模な古墳にみる葬法と同様であったとみられる。…

※「崩御」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android