コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小児救急電話相談事業

1件 の用語解説(小児救急電話相談事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小児救急電話相談事業

子どもの急病やけがについて医療機関の受診が必要かどうか、全国共通の番号「#8000」に電話すると、都道府県の窓口につながり、医師や看護師の助言を受けられる。02年に広島県で始まり、国が事業費の2分の1を補助する形で、04年度から各都道府県に設置を求めている。

(2008-09-13 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小児救急電話相談事業の関連キーワード医療法医療計画医療機関広告制限緩和医院感染症指定医療機関こども救急電話相談救急医療と輪番制度乳幼児医療費助成制度救急告示医療機関子どもの医療費助成

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone