コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小原日登美 おばらひとみ

2件 の用語解説(小原日登美の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

小原日登美

女子レスリング選手。1981年1月4日、青森県出身。身長156センチ。 妹はレスリング48キロ級選手の坂本真喜子。中京女子大学(現・至学館大学)を経て自衛隊に所属。99年、全日本選手権の51キロ級で初優勝。2000年より世界選手権51キロ級で4連覇を含む6度の優勝を果たす。五輪の女子レスリングでは51キロ級の実施がなく、55キロ級での出場を狙うも、強豪・吉田沙保里の壁を破れず、04年アテネ、08年北京と2大会連続で出場を逃した。その後は引退したが、指導をしていた妹・真喜子の結婚・引退を機に、ロンドン五輪を目指す。妹と同じ階級だったために参戦を避けていた48キロ級で現役復帰。10年に自衛官で元レスリング選手の小原康司と結婚、同年より世界選手権連覇を達成した。11年には自身初の五輪切符を勝ち取り、翌12年のロンドン五輪で金メダルを獲得。当初から名言していた通り、現役引退を表明した。

(2012-08-9)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小原日登美 おばら-ひとみ

1981- 平成時代の女子レスリング選手。
昭和56年1月4日生まれ。階級は48kg級。平成10年全国高校選手権50kg級で優勝,翌年全国学生選手権,全日本選手権の51kg級で優勝。世界選手権では12年に51kg級で初優勝,20年には同級で6度目の金メダルを獲得し,引退を表明。同年女子レスリング日本代表コーチとなる。21年妹・坂本真喜子(20年世界選手権48kg級銅メダリスト)の引退表明を機に階級を48kg級にして22年現役に復帰。22年,23年世界選手権を2連覇。24年ロンドン五輪で金メダルを獲得し,試合後の記者会見で引退を表明した。陸上自衛官。青森県出身。中京女大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小原日登美の関連キーワード八田一朗吉田沙保里国際レスリング連盟浜口京子伊調馨スタンドレスリング近江谷杏菜伊調千春湯元健一日本レスリング協会

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小原日登美の関連情報