コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小口瀬戸 こぐちせと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小口瀬戸
こぐちせと

石川県能登半島の七尾湾南湾の出入口で,七尾市観音崎能登島の間にある瀬戸。幅 800mと狭い。七尾港の出入船舶の通路にあたり,外洋船の出入りも頻繁であるが,水深が浅いので1万tをこえる船の通航は困難である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android