コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能登島 のとじま

4件 の用語解説(能登島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能登島
のとじま

石川県能登半島東岸,七尾湾に浮かぶ能登島 1島からなる地区。旧町名。 1955年東島村,中乃島村,西島村の3村が合体し町制。 2004年 10月,旧七尾市,田鶴浜町,中島町と合併し,新市七尾市を設立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

能登島
のとじま

石川県能登半島東岸の七尾湾にある島。東西 14km,南北 7km,周囲 72km。全島が七尾市に属する。七尾湾はこの島により北湾,西湾,南湾に分かれる溺れ谷の地形で海岸線は複雑。海岸段丘が発達している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のと‐じま【能登島】

石川県能登半島東部にある島。七尾湾中央にあり、周囲72キロメートル、面積47平方キロメートル最高峰は四村塚(よむらづか)山(標高197メートル)。海岸段丘が発達し、農漁業が中心。能登牛・マツタケの産地として知られる。能登半島国定公園に属する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕能登島(のとじま)


石川県能登半島東岸の七尾(ななお)湾にある島。面積46.6km2。七尾市に属する。最高点が標高197mの低い丘陵性の島。海岸段丘が発達。七尾湾を北湾・西湾・南湾に分ける。江戸時代は金沢藩の流刑地。一部を除き能登半島国定公園に含まれる。1982年(昭和57)能登島大橋が開通し、観光地化。水族館をもつ臨海公園があり、海水浴・キジ猟などの行楽客でにぎわう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能登島の関連キーワード七尾線七尾湾和倉温泉七尾巌門七尾港のと鉄道七尾線七尾[市]田鶴浜〈町〉石川県七尾市能登島向田町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

能登島の関連情報