コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能登島(読み)のとじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能登島
のとじま

石川県能登半島東岸,七尾湾に浮かぶ能登島 1島からなる地区。旧町名。 1955年東島村,中乃島村,西島村の3村が合体し町制。 2004年 10月,旧七尾市田鶴浜町,中島町と合併し,新市七尾市を設立。地区のほとんどが山林で占められ,集落は海岸部にある。耕地面積は少ないが,米作を中心にムギ,イモ類,タバコなどを栽培。養豚,養鶏など畜産業が行なわれる。山地ではマツ,スギなどの用材を産出する。七尾湾ではハマチ,カキなどの養殖が行なわれている。南部にある須曽蝦夷穴古墳は国の史跡に指定。 1982年,南西部に能登島大橋が完成し,七尾地区と連絡。北西部には 1999年,ツインブリッジのとが完成し,中島地区と連絡する。北岸の向田地区で毎年7月 31日に行なわれる能登の火祭は有名。海岸はほぼ全域が能登半島国定公園に指定されている。

能登島
のとじま

石川県能登半島東岸の七尾湾にある島。東西 14km,南北 7km,周囲 72km。全島が七尾市に属する。七尾湾はこの島により北湾,西湾,南湾に分かれる。溺れ谷の地形で海岸線は複雑。海岸段丘が発達している。丘陵性の島で,西部に山地があり,最高点は四村塚山の 197m。加賀藩の流刑地となったことがある。南西部に能登島大橋,北西部にツインブリッジのとがかかり,能登半島とつながる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕能登島(のとじま)


石川県能登半島東岸の七尾(ななお)湾にある島。面積46.6km2。七尾市に属する。最高点が標高197mの低い丘陵性の島。海岸段丘が発達。七尾湾を北湾・西湾・南湾に分ける。江戸時代金沢藩の流刑地。一部を除き能登半島国定公園に含まれる。1982年(昭和57)能登島大橋が開通し、観光地化。水族館をもつ臨海公園があり、海水浴・キジ猟などの行楽客でにぎわう。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

能登島の関連情報