コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七尾市 ななお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七尾〔市〕
ななお

石川県能登半島東岸,七尾湾沿岸地域と,能登島からなる市。南は富山県に接する。七尾港を中心とする能登半島最大の商工業都市。2004年,旧七尾市と田鶴浜町,中島町,能登島町の 1市 3町が合併し設立。旧七尾市は 1939年,七尾町と矢田郷村,東湊村,西湊村,徳田村,石崎村の 5村,および和倉町の一部が合体して市制,1954年北大呑村,崎山村,南大呑村,高階村の 4村を編入。市名の由来は,国の史跡七尾城跡のある城山に尾根が七つあることによる。養老2(718)年能登国府が置かれた地で,承和10(843)年定額寺の大興寺が国分寺に転用された。室町時代には畠山氏が東部丘陵地の七尾城を本拠としたが,天正5(1577)年上杉謙信により落城。同 9年前田利家が現在の小丸山公園に築城し,金沢に移るまで居城とした。七尾港は天然の良港のため北前船でにぎわった。明治以降,ロシア革命まではロシアの沿海州と,第2次世界大戦までは朝鮮や中国東北地方との貿易が行なわれた。七尾湾沿岸では,カキやハマチの養殖が広く行なわれる。七尾地区では PSコンクリート,製材,水産加工などの工業が発展し,ケイ藻土を原料とするこんろの製造も続いている。田鶴浜地区は古くから建具製造が盛んで,合成繊維を中心とした織物も行なわれる。中島地区と能登島地区では,米作を中心とした農業や畜産業も行なわれている。西湾の南東岸に和倉温泉,南湾の東岸には観音崎を中心とする景勝地があり,湾岸部一帯は能登半島国定公園に指定されている。毎年 5月3~5日に行なわれる山王神社の「青柏祭の曳山行事」(→青柏祭)は国の重要無形民俗文化財で,2016年に「山・鉾・屋台行事」の一つとして国際連合教育科学文化機関 UNESCOの世界無形遺産に登録された。また 9月20日に久麻加夫都阿良加志比古神社(熊甲宮)で行なわれる「熊甲二十日祭の枠旗行事」(→お熊甲祭)も国の重要無形民俗文化財に指定されている。7月31日に能登島で行なわれる能登の火祭,8月第1土曜日に漁師町石崎で行なわれる石崎奉燈祭も有名。JR七尾線,のと鉄道七尾線,国道159号線,160号線,249号線,能登道路が通る。能登島地区は,能登島大橋で七尾地区と,ツインブリッジのとで中島地区と結ばれている。面積 318.32km2。人口 5万5325(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ななお‐し〔ななを‐〕【七尾市】

七尾

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

七尾市の関連キーワード石川県七尾市能登島祖母ケ浦町石川県七尾市三引町白浜町入合石川県七尾市能登島日出ケ島町石川県七尾市能登島百万石町石川県七尾市能登島八ケ崎町石川県七尾市能登島別所町石川県七尾市能登島野崎町石川県七尾市能登島二穴町石川県七尾市和倉町ひばり石川県七尾市能登島無関町石川県七尾市能登島南町石川県七尾市上野ヶ丘町石川県七尾市東三階町石川県七尾市大野木町石川県七尾市上府中町石川県七尾市北藤橋町石川県七尾市大田新町石川県七尾市松百新町石川県七尾市緑ケ丘町石川県七尾市舟尾町東

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七尾市の関連情報