コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小堀進 こぼり すすむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小堀進 こぼり-すすむ

1904-1975 昭和時代の洋画家。
明治37年1月22日生まれ。晩年黒田清輝(せいき)にまなぶ。昭和7年白日会展,日本水彩画会展に初入選。15年荒谷直之介(なおのすけ)らと水彩連盟を結成。45年名古屋芸大教授。49年水彩画家としてはじめて芸術院会員となった。昭和50年3月16日死去。71歳。茨城県出身。佐原中学卒。作品に「初秋水郷」「初秋」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小堀進の関連キーワード春日部 たすく昭和時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小堀進の関連情報