収納(読み)しゅうのう

精選版 日本国語大辞典「収納」の解説

しゅう‐のう シウナフ【収納】

〘名〙
① 政府や領主が領民から年貢などを取りたてて納め入れること。しゅのう。
※東寺百合文書‐エ・宝治元年(1247)一〇月二九日・関東下知状案「納之時、点取御年貢内之条無道也云々」
② 国または地方公共団体の会計で、徴収の結果納入される収入金を出納官吏日本銀行などが受け入れること。
農作物などを取り入れること。しゅのう。〔和蘭字彙(1855‐58)〕
④ たなや押し入れなどに、現在不要の物をしまいおさめること。

しゅ‐のう ‥ナフ【収納】

〘名〙 (「しゅ」は「収」の呉音) =しゅうのう(収納)
正倉院文書‐天平二年(730)大倭国正税帳「収納大税穀穎并神戸租等数、具録如前」
今昔(1120頃か)二四「賤(あやし)の収納と云事に宛て有ければ」

す‐のう ‥ナフ【収納】

〘名〙 (「しゅのう」の直音表記) 年貢その他の税を徴収すること。また、徴収された物品
※宇治拾遺(1221頃)七「あやしの郡のすなうなどせさせければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「収納」の解説

しゅう‐のう〔シウナフ〕【収納】

[名](スル)
中に入れて、しまっておくこと。「たんすに衣類を収納する」「収納家具」
現金や品物などを受け取っておさめること。国または地方公共団体の会計では、現金を受領することをいう。「国庫収納する」
農作物などを取り入れること。
[類語]収める片付ける含む入れる仕舞う仕舞い込むぞうする収蔵する格納する包含する・収録する収載する整頓せいとんする整理する整える始末するかたす

す‐のう〔‐ナフ〕【収納】

《「しゅのう」の直音表記》税などを取りたてること。
「あやしの郡の―などせさせければ」〈宇治拾遺・七〉

しゅ‐のう〔‐ナフ〕【収納】

しゅうのう(収納)」に同じ。〈色葉字類抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android