収納(読み)しゅうのう

精選版 日本国語大辞典「収納」の解説

しゅう‐のう シウナフ【収納】

〘名〙
① 政府や領主が領民から年貢などを取りたてて納め入れること。しゅのう。
※東寺百合文書‐エ・宝治元年(1247)一〇月二九日・関東下知状案「収納之時、点取御年貢内之条無道也云々」
② 国または地方公共団体の会計で、徴収の結果納入される収入金を出納官吏、日本銀行などが受け入れること。
③ 農作物などを取り入れること。しゅのう。〔和蘭字彙(1855‐58)〕
④ たなや押し入れなどに、現在不要の物をしまいおさめること。

しゅ‐のう ‥ナフ【収納】

〘名〙 (「しゅ」は「収」の呉音) =しゅうのう(収納)
※正倉院文書‐天平二年(730)大倭国正税帳「収納大税穀穎并神戸租等数、具録如前」
※今昔(1120頃か)二四「賤(あやし)の郡の収納と云事に宛て有ければ」

す‐のう ‥ナフ【収納】

〘名〙 (「しゅのう」の直音表記) 年貢その他の税を徴収すること。また、徴収された物品。
※宇治拾遺(1221頃)七「あやしの郡のすなうなどせさせければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「収納」の解説

す‐のう〔‐ナフ〕【収納】

《「しゅのう」の直音表記》税などを取りたてること。
「あやしの郡の―などせさせければ」〈宇治拾遺・七〉

しゅう‐のう〔シウナフ〕【収納】

[名](スル)
中に入れて、しまっておくこと。「たんすに衣類を収納する」「収納家具」
現金や品物などを受け取っておさめること。国または地方公共団体会計では、現金を受領することをいう。「国庫収納する」
農作物などを取り入れること。

しゅ‐のう〔‐ナフ〕【収納】

しゅうのう(収納)」に同じ。〈色葉字類抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android