コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島宝素 こじま ほうそ

2件 の用語解説(小島宝素の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島宝素 こじま-ほうそ

1797-1849* 江戸時代後期の医師。
寛政9年生まれ。前野良沢(りょうたく)の孫。幕府医官。西丸奥医師,医学館世話役などを歴任。書誌に通じ,医書の校訂や伝写につとめた。京都仁和寺(にんなじ)蔵の「新修本草」の復原も手がけたが,中途で嘉永(かえい)元年12月7日死去。52歳。江戸出身。名は尚質(なおかた)。字(あざな)は学古(がくこ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小島宝素

没年:嘉永1.12.7(1849.1.1)
生年:寛政9(1797)
江戸後期の幕府医官。江戸の生まれ。母は前野良沢の娘。名は尚質。字は学古。代々江戸幕府医官を勤め,文化10(1813)年医学館薬調合役。のち番医,奥詰,西丸奥医師,医学館世話役などを歴任。自らの著書は少ないが,善本医籍の収集に努め,考証学者として書誌校勘学に通じた。『聖済総録』『千金要方』の校刊や『新修本草』『黄帝内経太素』の伝写に尽力。嗣子の尚真(春沂)も学風を継ぎ,多紀元堅に学び,渋江抽斎や森立之らと活動した。当時の書誌学は中国をしのぐ水準に達し,小島父子の旧蔵書の多くはのちに清の外交使・楊守敬の蔵に帰した(台湾故宮博物院蔵)。<参考文献>森鴎外『小島宝素

(小曾戸洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小島宝素の関連キーワード北村季春多賀谷向陵池田瑞仙三笑亭可楽井関玄説大淵棟庵小原西酉林良適山田正信友我

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone