コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島宝素 こじま ほうそ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島宝素 こじま-ほうそ

1797-1849* 江戸時代後期の医師。
寛政9年生まれ。前野良沢(りょうたく)の孫。幕府医官。西丸奥医師,医学館世話役などを歴任。書誌に通じ,医書校訂伝写につとめた。京都仁和寺(にんなじ)蔵の「新修本草」の復原も手がけたが,中途で嘉永(かえい)元年12月7日死去。52歳。江戸出身。名は尚質(なおかた)。字(あざな)は学古(がくこ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小島宝素

没年:嘉永1.12.7(1849.1.1)
生年:寛政9(1797)
江戸後期の幕府医官。江戸の生まれ。母は前野良沢の娘。名は尚質。字は学古。代々江戸幕府医官を勤め,文化10(1813)年医学館薬調合役。のち番医,奥詰,西丸奥医師,医学館世話役などを歴任。自らの著書は少ないが,善本医籍の収集に努め,考証学者として書誌校勘学に通じた。『聖済総録』『千金要方』の校刊や『新修本草』『黄帝内経太素』の伝写に尽力。嗣子の尚真(春沂)も学風を継ぎ,多紀元堅に学び,渋江抽斎や森立之らと活動した。当時の書誌学は中国をしのぐ水準に達し,小島父子の旧蔵書の多くはのちに清の外交使・楊守敬の蔵に帰した(台湾故宮博物院蔵)。<参考文献>森鴎外『小島宝素』

(小曾戸洋)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

小島宝素の関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)ティーククールベリスト(Liszt Ferenc (Franz Liszt)、ピアニスト、作曲家)蔀関月アーガー・ムハンマドウルストンクラフトレオーベンの仮条約ウルストンクラフトケルキラ島

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android