コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小幡太室 おばた たいしつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小幡太室 おばた-たいしつ

?-? 江戸時代中期の医師,儒者。
京都で開業医のかたわら,詩を竜草廬(りゅう-そうろ)にまなぶ。詩社幽蘭社十才子のひとりとして宝暦9年(1759)「文海披沙」の序をつくった。名は文華。字(あざな)は君英。通称は杏仙,吉仙。著作に「太室詩集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小幡太室の関連キーワード儒者

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android