コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小幡太室 おばた たいしつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小幡太室 おばた-たいしつ

?-? 江戸時代中期の医師,儒者。
京都で開業医のかたわら,詩を竜草廬(りゅう-そうろ)にまなぶ。詩社幽蘭社十才子のひとりとして宝暦9年(1759)「文海披沙」の序をつくった。名は文華。字(あざな)は君英。通称は杏仙,吉仙。著作に「太室詩集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小幡太室の関連キーワード儒者

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android