コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文華 ブンカ

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐か〔‐クワ〕【文華】

文明のはなやかであること。
「従来の美術の次第におとろえ、英国の―を以ても、またミルトンをいださざるべく」〈逍遥小説神髄
詩文の華麗なこと。また、その作品。
「今日の―は皆ことごとくに金(こがね)なり」〈菅家後集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ぶんか【文華】

茨城の日本酒蔵元の「遠峰酒造」は享保元年(1716)創業。所在地は潮来市潮来。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんか【文華】

詩文がはなやかなこと。詩文のはなやかさ。
文明のはなやかなこと。 「今や人民…-の錦繡に入り/東京新繁昌記 撫松

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

文華の関連キーワード大阪府大阪市住吉区住吉近畿日本鉄道[株]愛媛県今治市黄金町蜂須賀斉裕多治比清貞井草八幡宮吉田五十八十文字こと石沢 正男聞くならく安田雷洲嵯峨天皇朝野鹿取巨勢識人小島憲之滋野貞主勇山文継河口愛子石沢正男萩原楽亭

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文華の関連情報