コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜草廬 リュウソウロ

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐そうろ〔‐サウロ〕【竜草廬】

[1714~1792]江戸中期の漢詩人。山城の人。本姓は武田、名は公美。宇野明霞に学び、彦根藩の儒官として仕える。官職を退いた後、京都で漢詩結社「幽蘭社」を開く。著作に「草廬集」「名詮典詮」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜草廬 りゅう-そうろ

1714-1792 江戸時代中期の儒者。
正徳(しょうとく)4年1月19日生まれ。竜玉淵(ぎょくえん)の父。宇野明霞にまなび,京都でおしえる。漢詩結社「幽蘭社」を主宰し,社中の作品集「金蘭詩集」を刊行。寛延3年近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩の儒官となる。寛政4年2月2日死去。79歳。山城(京都府)出身。本姓は武田。名は公美,元亮。字(あざな)は君玉,子明。別号に鳳鳴,竹隠,松菊など。著作に「草廬集」「典詮」など。

竜草廬 たつ-そうろ

りゅう-そうろ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

竜草廬

没年:寛政4.2.2(1792.2.23)
生年:正徳4.1.19(1714.3.5)
江戸時代中期の漢詩人。山城(京都府)伏見の人。名は公美,字は君玉,子玉,通称は彦二郎。草廬は号。家は商家であったが,父を早くに亡くし,苦労して儒学,詩文から兵学,和学,書道に至るまでの学問を修めた。若くして京都烏丸に塾を開き,その幽蘭社と称した詩社からは,多彩な人材が輩出した。宝暦7(1757)年彦根藩の儒官に召され彦根に移居。安永3(1774)年に致仕,翌年京都に帰ると著述に専念した。その編著は詩文集,歌集,法帖など多岐にわたっている。<参考文献>中野三敏「竜草廬」(中村幸彦編『近世の漢詩』)

(高橋昌彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうそうろ【竜草廬】

1714‐92(正徳4‐寛政4)
江戸中期の漢詩人。名は公美,字は君玉,通称は衛門。〈たつそうろ〉と読むという説もある。山城伏見の人。早くに父を失い,京都に出て商家に奉公しながら儒学と詩文を学び,25歳で儒者として立った。宝暦(1751‐64)から天明(1781‐89)にかけて,江村北海とともに京都の儒学界を二分する名声があった。1750年(寛延3)には彦根藩に儒官として召し抱えられた。その実,儒者としての業績にあまり見るべきものはなく,本領は詩文にあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうそうろ【竜草廬】

1714~1792) 江戸中期の漢詩人。本姓は竜見、名は公美、字あざなは君玉。山城伏見の人。はじめ徂徠学を学んで詩文に長じ、彦根藩儒となる。のちに京都で詩社幽蘭社を主宰。著「竜草廬先生詩集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

竜草廬 (りゅうそうろ)

生年月日:1714年1月19日
江戸時代中期の漢詩人
1792年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

竜草廬の関連キーワード宇津木昆岳佐々木魯庵日下世傑羽倉信郷市島岱海中野三敏生年月日赤田臥牛黒柳召波島津華山岡崎廬門垣本雪臣大江玄圃小幡太室川合春川召波

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android