小弛む(読み)オダヤム

デジタル大辞泉の解説

お‐だや・む〔を‐〕【小×弛む】

[動マ四]少し緩やかになる。雨などが小降りになる。
「神鳴(かみなり)も落ち方知れずをさまり、雨も―・みて」〈浮・武家義理・六〉

お‐だゆ・む〔を‐〕【小×弛む】

[動マ四]おだやむ」に同じ。
「五月雨のひとしきり―・みて」〈浄・会稽山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おだやむ【小弛む】

( 動四 )
雨などが小降りになる。おだゆむ。 「雨-・みなく人稀なる暮がたに/浮世草子・一代女 3

おだゆむ【小弛む】

( 動四 )
おだやむ(小弛)」に同じ。 「五月雨さみだれのひとしきり-・みて/浄瑠璃・会稽山」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android